R&D部門向けソリューション

 弊社のソリューションは、単にアウトプットを出すだけでなく、その実践プロセスをとおして生み出す気づきが、技術者、研究者の「考え方(マインドセット)」「能力(スキル)」「意欲(モチュベーション」を高めることで、価値創造力の向上へ向けたR&Dの継続的な進化を促進する2軸型のプログラムです。様々なR&D現場におけるコンサルティングの中で培った知恵と経験をもとに開発した独自手法をベースに、貴社の思い、課題、特性を踏まえた最適な活動プランを立案し、貴社メンバーと協働して推進します。

変化するR&Dへの期待

「経営戦略・事業戦略の確実な実行」に加えて、「経営戦略・事業戦略を変えるような新商品・新技術の創造」に対するR&Dへの期待が高まっています。そして、「実現力」に加えて「価値創造力」の向上がR&D現場の課題となっています。

独自の実践メソッド

 様々な企業におけるコンサルティングから得られた知見を体系化した実践メソッドを用いて、R&D現場の価値創造力の向上を支援します。

[技術棚卸]  

 自社が保有する技術について理解を深めると同時に、新価値構想・ビジネスデザインのための組織が共有する思考基盤をつくります。

[新価値構想] 

 技術を核にした新価値を構想・企画するための弊社独自の実践メソッドです。

[ビジネスデザイン] ~テクノロジードリブン・ビジネスモデル~

 未来の事業と技術・知財戦略の具体化するための弊社独自のビジネスモデル構想・設計メソッド(TDB:テクノロジードリブン・ビジネスモデル)です。

※ChemistryCube ケミストリーキューブ、iMap アイマップは弊社の独自手法として商標登録されています。

コンサルティング・サービスに関する情報はこちら

本ウエブサイトに記載されている製品・サービス情報、技術情報、並びにこれらを表現するための文章・図表・画像それらの集合(以下、コンテンツ)に関する著作権は、すべて株式会社ケミストリーキューブ及び著作者に帰属するものです。著作権保有者の許可なく、コンテンツの複製・転載・配布を行うことはご遠慮ください。