本文へスキップ

ケミストリーキューブは、ものづくり企業の成長と技術人材の開発を支援するコンサルティング会社です。

TEL. 03-5763-5120

info@chemistrycube.com

スタッフ部門向けソリューションSOLUTION FOR STUFF

企画・知財・調査部門(スタッフ)の役割の変化

ものづくり企業の成長戦略の柱としてイノベーションの重要性が高まる中、R&Dの役割として、「現在の開発テーマの着実な完成」に加えて、「将来の新商品・新技術の創造」が求められています。これに伴い、スタッフにおいては、「明確な問題を解決するための調査分析実行」に加えて、「曖昧な課題を発見するための調査分析提案」が求められています。そして、「調査分析力」に加えて「課題発見力」を高めることがスタッフ部門の課題となっています。

R&Dへの提供価値拡大の着眼

下記の3つの着眼を基軸に、スタッフの調査分析力・
課題発見力の向上を図ることで、イノベーションに
むけて
R
Dを支援するスタッフ部門の提供価値の拡大
を実現します。

(1)構造化思考
  情報・知識を俯瞰的に見える化し新たな知識を創出
(2)ビジネスマインドとスキル
  顧客視点から自社の事業価値を考える実践スキル
(3)特許情報リテラシー
  顧客価値につながる情報を抽出し効果的に活用
  [目的確認・仮説立案・調査分析・活用・実行]

ケミストリーキューブ・テクノロジー®
弊社は、スタッフが、R&Dに貢献するための実践スキル
を習得するためのソリューション(ケミストリーキューブ・
テクノロジー®)を提供しています。ソリューションは、
現状のスタッフのスキルと組織ビジョンにあわせて段階的
に実践スキルを高められるように3つの実践トレーニング
メゾッドで構成されています。
[知識・情報の構造化]
  
新たな知識を創造するための思考スキル
[顧客価値の構造化]
  
顧客価値に気づき、新たな価値を創造するための実践スキル
[新用途創出プロセス]
  自社技術の強みを核にした用途創出支援プロセス


弊社のソリューションは、単にアウトプットを出すだけでなく、その実践プロセスをとおして生み出す気づきが、スタッフ、技術者、研究者の「考え方」「能力」「意欲」を高めることで、価値創造力の向上へ向けたものづくり企業の継続的な進化を促進する2軸型のプログラムです。様々な現場におけるコンサルティングの中で培った知恵と経験をもとに開発した独自手法をベースに、貴社の思い、課題、特性を踏まえた最適な活動プランを立案し、貴社メンバーと協働して推進します。


[知識・情報の構造化]  ~ 新たな知識を創造するための思考スキル ~

将来の新商品・新技術の創造を推進するために、網羅的に収集された大量の情報をもとにした対象領域の俯瞰・動向分析などが行われています。しかし、多くの場合、マクロ分析にとどまり、新たな着眼点を生み出すことは容易ではありません。[知識・情報の構造化]は、知識・情報を構造的に考え、見える化することで、新たな知識を創造するための思考スキルです。構造化プロセスの中で、スタッフはRDと効果的なコミュニケーションを促進し、新たな知識の創造を支援する活動を推進します。


[顧客価値の構造化] ~ 顧客価値に気づき、新たな価値を創造する実践スキル ~

「顧客価値の構造化」は、スタッフが、顧客価値の視点からR&Dへの価値提供を行うためのビジネスマインドと実践スキルを習得するためのプロセスです。弊社では、下記の2つの実践プロセスを推進しています。
ⅰ)顧客価値を起点とした自社技術の見える化
 顧客価値を起点として自社技術を俯瞰的・構造的に見える化するプロセスをとおして、顧客の視点で
 自社技術を捉えるスキルを習得します。

ⅱ)顧客価値の進化の見える化
 特許情報の3つの切り口「問題」「課題」「解決手段」と事業戦略を時系列で俯瞰的・構造的に見え
 る化するプロセスをとおして、顧客価値の進化を捉えるスキルを習得します。


[新用途創出プロセス] ~ 自社技術の強みを核にした用途創出支援プロセス ~

自社の強み技術を核にした新用途創出は、新たな事業創造のための重要なアプローチの1つです。しかし、多くの企業では実践方法が体系化されておらず、技術者・研究者個人の能力に依存しています。弊社では、新用途を創出するための体系的プロセスとして「特許情報を活用した新規用途探索手法(テクノロジーアウト・マーケテイング:TOM)」を開発しています。本プロセスとファシリテーションスキルを習得することで、スタッフがRDと共創して新用途を創出するための実践力を高めます。

※ChemistryCube ケミストリーキューブは、弊社の独自手法として商標登録されています。

コンサルティング・サービスに関する情報はこちら

本ウエブサイトに記載されている製品・サービス情報、技術情報、並びにこれらを表現するための文章・図表・画像それらの集合(以下、コンテンツ)に関する著作権は、すべて株式会社ケミストリーキューブ及び著作者に帰属するものです。著作権保有者の許可なく、コンテンツの複製・転載・配布を行うことはご遠慮ください。

バナースペース

株式会社ケミストリーキューブ

〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目13番6号
サガミビル2階

TEL 03-5763-5120
FAX 03-6800-5598