本文へスキップ

ケミストリーキューブは、ものづくり企業の成長と技術人材の開発を支援するコンサルティング会社です。

TEL. 03-5763-5120

info@chemistrycube.com

ソリューションSOLUTION

R&Dミッションの変化

 ものづくり企業の成長戦略の柱としてイノベーションの重要性が高まる中、「現在の経営戦略・事業戦略の確実な実行」に加えて、「将来の経営戦略・事業戦略にインパクトを与えるような新商品・新技術の創造」が、R&D(研究・技術開発・製品開発・生産技術開発)のミッションとして求められています。そして、そのためには「実現力」に加えて「価値創造力」を高めることが課題となっています。


イノベーション戦略の着眼

 弊社では、R&Dの価値創造力を高めるための活動、すなわち「連続的なイノベーションの創出へ向けて、R&D現場を戦略的に革新・高度化する取り組み」をイノベーション戦略と呼んでいます。イノベーション戦略では、下記の3つの着眼を機軸にR&Dの価値創造力の向上を図ります。
(1)新機軸を創造するリーダーシップ
(2)価値を起点としたR&Dプロセス
(3)組織の壁を超えた知の融合


iMap:技術の構造化手法
 弊社は、イノベーション戦略を効果的に実践し、成果を上げるための鍵は、「組織の中いかに技術を可視化し、共有するか」にあると考えています。ものづくり企業において、技術は最も重要な経営資源であり知的資産です。しかし、技術は多様な視点から捉えることができる多義的な概念であり、マネジメントしにくい資源でもあります。
 技術をいかに捉え、組織の中で共有していくかはイノベーション戦略の第一歩であり、技術マネジメントの成否を左右します。弊社は、R&Dコンサルティングの現場で得た知恵を凝縮し、技術を構造的に可視化するための独自手法としてiMap(アイマップ)を開発しています。


5つのソリューション
 弊社は、イノベーション戦略の実践のための5つのソリューションを提供しています。
[技術の構造化]顧客価値を起点とした技術の構造化と強みの可視化
[価値の革新]未来の顧客課題を先取りした新たな価値創造
[技術の展開]強み技術を核にした新商品・新用途の開発
[技術の新化]自社技術と革新技術の融合による新市場・新需要の創造
[事業の創造]技術を核に持続的な競争優位を実現する事業の具現化
 弊社のソリューションは、単にアウトプットを出すだけでなく、その実践プロセスをとおして生み出す気づきが、技術者、研究者の「考え方」「能力」「意欲」を高めることで、価値創造力の向上へ向けたR&Dの継続的な進化を促進する2軸型のプログラムです。弊社独自のソリューションをベースに、貴社の思い、課題、特性を踏まえた最適な活動プランを立案し、貴社メンバーと協働して推進します。


技術の構造化 〜顧客価値を起点とした自社技術の棚卸と強みの可視化〜

 「技術の構造化」は、単に自社の要素技術を棚卸し、リストをつくる、データベースをつくることではありません。自社技術を俯瞰的・構造的に可視化するプロセスをとおして、現場の技術者、研究者のイノベーションマインドを高め、組織・分野の壁を越えた技術の共有と融合を促進する戦略的な活動です。弊社は、単なる管理ツールではなく、イノベーションへむけて、活動プロセスの中で気づきと共有感を生み出す、現場の技術者、研究者にとってメリットのある活動を推進します。


価値の革新 〜未来の顧客課題を先取りする新たな価値創造〜

 「価値の革新」は、顧客の未来をイメージし、その課題を先取りすることで、新たな顧客価値の創造を実践する取り組みです。顧客課題を起点に、「価値の向上」「価値の転換」「価値の拡大」の3つの切り口から自社のソリューションを描くことで、、新たな顧客価値の創出を図ります。ソリューション構想のための弊社独自のフレームワークと、仮説-検証サイクルの実践をとおしてイノベーションの構想を具体化します。


技術の展開 〜強み技術を核にした新商品・新用途の開発〜

 「技術の展開」は、自社技術を核にした新たな商品、新たな用途の創出に取り組みための活動です。自社の保有する技術を「機能」として再定義し、イノベーション機会の探索を行います。さらに抽出したイノベーション機会の中から有望なものを中心に、顧客課題に対するソリューション仮説づくりと練り上げ、技術課題の抽出と技術戦略の立案を行います。


技術の新化 〜自社技術と革新技術の融合による新市場・新需要の創造〜

 「技術の新化」は、革新的要素技術の導入によるイノベーションの創造に取り組むための活動です。自社の顧客及び事業に大きな変化をもたらす可能性のある革新的要素技術を探索し、そのインパクトをイメージしながら未来のイノベーションを構想します。さらに、その結果を踏まえて自社の技術戦略を立案します。


事業の創造 〜技術を核に持続的な競争優位を実現する新事業の具現化〜

 自社の強み技術で構成されたすり合わせ領域を核に持続的な市場の競争優位を確立することはものづくり企業の事業創造における大きな命題です。弊社は、独自に開発したテクノロジードリブン・ビジネスモデル(TDB)のフレームワークを用い、強い事業の具現化へむけたR&Dの主体的な活動を支援します。

バナースペース

株式会社ケミストリーキューブ

〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目13番6号
サガミビル2階

TEL 03-5763-5120
FAX 03-6800-5598